So-net無料ブログ作成

低気圧の影響、広い範囲で大雪の見通し(読売新聞)

 日本海を東へ進んでいる低気圧の影響により、13日の日本付近は冬型の気圧配置となる見込みで、西日本では山沿いを中心に大雪となり、太平洋側の平野部でも広い範囲で積雪が予想される。東日本でも、14日にかけて大雪となる見込み。

 気象庁によると、13日午後6時までの24時間に予想される降雪量は岐阜県や群馬県のほか、東北や北陸地方で60センチ、長野県や近畿北部で50センチ、中国地方では40センチなどとなっている。

 また、13日未明から同日昼過ぎにかけては、西日本、東日本、東北地方では沿岸や海上を中心に最大風速15〜25メートルの非常に強い風が予想されている。

 海も大しけとなる模様で、気象庁は警戒を呼びかけている。

もうすぐ1年サラリーマン奮闘記
真鶴ポイント
現金化
自己破産
クレジットカード現金化 比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。