So-net無料ブログ作成

「登戸研究所」資料館開館へ=現存建物活用、明大キャンパスに−川崎(時事通信)

 戦時中、風船爆弾や生物・化学兵器などの研究開発や中国紙幣の偽造などを行っていたとされる旧日本軍の秘密機関「第9陸軍技術研究所」(登戸研究所)の建物のうち、川崎市多摩区の明治大学生田キャンパス内に現存する建物の一つが、同研究所の資料を展示する「明治大学平和教育登戸研究所資料館」として生まれ変わることになった。29日に開館記念式典が行われ、来月7日から一般公開される。
 明大教授や市民らが「登戸研究所保存の会」をつくり、歴史的遺産として建物保存を求めていた。明大によると、旧日本軍の研究施設をそのまま利用した資料館は全国に例がないという。
 資料館は、生物・化学兵器の研究をしていたとされる登戸研究所第2科が使用していた鉄筋コンクリートの建物を改修。内部を五つの展示スペースに分け、風船爆弾の模型や偽造中国紙幣の実物、研究内容を説明するパネルなどを展示する。
 登戸研究所は、当時は内外に秘密にされていた。「保存の会」によると、同研究所は全4科から構成され、第1科は「ふ号兵器」(風船爆弾)や「く号兵器」(怪力光線)を研究。風船爆弾は実際に約9300個が米国に向けて飛ばされ、300個以上が到達した。怪力光線は現在の電子レンジの技術を兵器化しようとしたもので、実戦には投入されなかった。
 第2科は青酸ニトリルなどの毒物のほか、枯葉剤など主に生物・化学兵器を研究。第3科は中国紙幣のほか、インド・ルピーなども偽造していたとされる。第4科は開発した兵器の製造や使用法の指導などを行っていたとみられるという。 

【関連ニュース】
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練
PCI元社長の控訴審、5月判決=特別背任、一審無罪
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練
APEC首脳会議で警備強化=地下鉄テロ対策訓練も

両陛下、ヨルダン国王と昼食会(産経新聞)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)
鳩山首相元秘書初公判 勝場被告に禁固2年求刑 (産経新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金−宮城県警(時事通信)

<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)

 【埼玉】大宮西署の20代の地域課巡査2人が昨年末、自転車の交通違反者に交付する「警告カード」の交付実績を水増しして上司に報告していたことが県警監察官室への取材で分かった。2人はそれぞれ二十数人分、水増し報告するため、自転車の盗難照会で控えていた個人の名前や住所を流用していたという。県警は3日付で2人を本部長注意処分とした。

 監察官室によると、2人は昨年12月29〜30日の勤務中、警告カードの控えの違反者欄に、自転車の登録番号を照会した際に控えていた自転車の持ち主の名前や住所を書き込み、上司に警告カードを交付したとして報告。件数が急に増えたことに気付いた上司が問いただして発覚した。2人は「努力目標を達成して上司に褒められたかった」と話しているという。

 県警は自転車の2人乗りや酒酔い運転を注意するために警告カードを交付しており、控えは処分されるため、名前を使われた人が行政上や刑事上不利益を被ることはないという。【浅野翔太郎】

首相動静(3月25日)(時事通信)
「一緒に歌おう」カラオケ部屋侵入、強姦未遂で男逮捕(産経新聞)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)

「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)

 講談社は24日、隔週刊の若者向けエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊することを明らかにした。
 首都圏対象の「TOKYO−」は1997年11月、関西圏対象の「KANSAI−」は99年3月に創刊され、発行部数はそれぞれ33万部、35万部でスタートした。しかし、インターネットの普及で若者が無料で情報を入手できるようになったことなどで売り上げが低下。最近は共に約8万部に落ち込んでいた。 

【関連ニュース】
「週刊ゴング」の出版社が破産
「ハイファッション」「銀花」休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「フォーサイト」休刊へ=新潮社
「学習」「科学」来春休刊=最盛期670万部

週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定−中井洽氏(時事通信)
コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求−岡山(時事通信)
「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ−西山氏(時事通信)
<小沢幹事長>「民主党は政権党の認識がまだ甘い」(毎日新聞)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)

【いきいき】絵地図師・散歩屋 高橋美江さん(産経新聞)

 ■まちに遊び、そして学ぶ

 絵地図をじっと眺めていると、宝探しにも似た気持ちになる。シンボリックな寺社や仏閣、まんじゅうなど名物が味わえる店…。その土地の魅力がぎゅっと詰まっているからだ。

 いわゆる「名所」だけではない。彼女が手がける絵地図には、ひと味、ふた味と、違う見どころが加わっている。

 例えば「善光寺界隈(かいわい)」の絵地図。名物の酒まんじゅう店やみその老舗に混じって、「路地マニアにはたまらない通り」といった情報や、地元の洋傘屋を「欄の間のガラス模様は必見」などと、主人の似顔とともに書き込んでみたり。東京・根岸の絵地図では、民家の軒先にある2階まで届くほどの巨大サボテンが近くの「卍(寺院)」より大きく描かれている。

                   ◇

 どれもこれも独自の視点で発掘したまちの宝物。カメラとメモを手に、「すみません」と商店や民家の住民から聞き、現場を歩いて見つけた。絵地図作りのための取材は手間がかかるが、無類の人好き。玄関の呼び鈴を押し、地元の人と友達になるのが楽しい。

 「一見、目を奪われるのは華やかな『ハレ(非日常)』の観光名所。けれども、まちの本当の姿はまちを支える地場産業や人々の暮らしなど、『ケ(日常生活)』の部分も両方見て、初めて見えてくるもの」。一般的な価値観にはとらわれない。

 名刺の「絵地図師・散歩屋」という独特の肩書は平成19年、著書の出版に合わせて自ら考案した。誰とも違うオンリーワンを目指したのか。すると「なりゆきでこうなった」と返ってきた。

                   ◇

 イラストレーターをしていた17年前、あるまちのPRのために絵地図を書くことになった。その仕事が評判を呼んだ。やがて絵地図を目にとめたあるカルチャーセンターの支社長から「まち歩きの先生をしませんか」と誘われ、平成17年、絵地図の作成のほかに生徒とともにまちを歩く「散歩屋」が稼業に加わった。

 生徒のほとんどは60、70代のシニア世代。寺社からまちの商店や地場産業の工場まで、何気ないまち並みをみんなで歩き、魅力を発見していく。民家の表札や、鉢植えの「鉢」など、「おっ」と琴線に触れるポイントは人それぞれ。みんな違って、みんないい。「遊びは学びの入り口。まち歩きも何でも、楽しめばいいの。道草? もちろんオッケー。好きに歩けばいいんです」

 これまで絵地図を手がけたのは、ざっと200カ所以上。今後はパリやニューヨークなど世界のまちで、墨と和紙で絵地図を作りたいという。「だって、面白そうでしょう?」。まちに遊び、そして学ぶ。その意欲は当分、尽きそうにない。(津川綾子)

介護施設「利用者本位のサービス提供を」−日医委員会(医療介護CBニュース)
新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟−東京高裁(時事通信)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬(医療介護CBニュース)
三笠宮さまが退院(時事通信)

<小沢幹事長>生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、政調組織の復活を求めている生方幸夫副幹事長を更迭した。高嶋良充筆頭副幹事長が「執行部を批判した」として生方氏に辞任を求めたが、生方氏が拒否したため、高嶋氏が小沢氏と協議し更迭を決めた。党内からも執行部の強権を批判する声が出ており、混乱しそうだ。

 高嶋氏によると、小沢氏と電話で協議し生方氏の執行部批判を理由に更迭を求めたところ、小沢氏は「残念だ」と述べ了承した。党の倫理規則では党常任幹事会が党役職を解任できるとしているが、高嶋氏は「事実上の更迭だが(党規上の)処分ではない」としている。生方氏は党常任幹事会に不服を申し立てる構えだ。

 高嶋氏は18日、党本部で生方氏と会談し、生方氏がインタビューなどで「民主党は中央集権。権限と財源をどなたか一人が握っている」と暗に小沢氏を批判したことを挙げ、「事実がないのに外部に言うのはおかしい」として辞任を求めた。生方氏は「言論の自由がないと言われる」と拒否し、「党内には秘書が3人も逮捕されても何にもならない人がいるのに、何で私が役職を解かれるのか」と再度小沢氏を批判した。

 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日、首相官邸で記者団に「言論を封じるという話とはレベルが違う。党の中で話をせず、メディアに(批判を)するのが潔いのかという議論だ」と語った。

 しかし、枝野幸男行政刷新担当相は会見で「(生方氏が)何か問題のあることを言ったとは認識していない」と指摘し、野田佳彦副財務相も「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは、極めてよろしくない」と批判した。安住淳衆院安全保障委員長は記者団に「建設的な発言に気にくわないから辞めろというのは違う」と述べた。【高山祐、近藤大介】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「選挙の責任者の一人として」参院選を指揮
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
政府・民主:マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意
民主:参院選対策本部の看板かける 鳩山首相と小沢幹事長
民主党:政調復活へ41人会合 小沢体制に反発

<郵便不正>局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言(毎日新聞)
<卒業証書>有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される(毎日新聞)
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見−林原自然科学博物館(時事通信)
わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)
<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)

大イチョウの再生祈願=1000人集まり神事−鶴岡八幡宮(時事通信)

 強風などで倒れた後、根本部分を植え直された鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の大イチョウについて、八幡宮は18日午後、再生を願う祈願祭を行った。詰め掛けた市民や観光客ら約1000人が再生を祈った。
 八幡宮は同日午前、通行止めにしていた大イチョウ脇の石段を開放、一般参拝者が大イチョウの様子を見ることができるようになった。境内には17日から回復を願うための記帳所を設置。この2日間で約2700人の記帳があったという。
 八幡宮によると、祈願祭は植え直した根本部分と、根があった場所に生えたひこばえと呼ばれる芽の成長を願い実施。神職やみこら約80人が神事に参加し、祝詞の奏上やおはらいをした。
 吉田茂穂宮司は神事の後、「倒れたイチョウを受け入れることができず、ぼうぜん自失だった」と当時の心境を話し、詰め掛けた参拝者に「私どもと一緒に再生を祈っていただきたい。その心がイチョウを再生させる」と呼び掛けた。 

衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)
<盗品カーナビ>1億円荒稼ぎ 容疑の16人逮捕 大阪(毎日新聞)
違法・有害ネット情報、最多3万超…削除拒否も(読売新聞)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
消費税争点に衆院選も=行政刷新相(時事通信)

<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)

 証券取引等監視委員会は12日、IT関連会社「モジュレ」(東京都千代田区)に金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで課徴金900万円を科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、同社は08年5月期決算で、貸し倒れ引当金を過少計上し、経常損益を5500万円、当期純損益を6000万円水増しした有価証券報告書を関東財務局に提出するなどした疑い。

 コンピューターサーバー購入代金の中に、本来は貸付金として処理すべきものを含めて水増しし、貸し倒れ引当金を少なく計上したという。

【関連ニュース】
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑
ニイウスコー粉飾:日本IBMを強制調査 証券監視委
売上高水増し:容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕

東大寺 夜空焦がす「籠たいまつ」 担ぎ手の童子、勇躍(毎日新聞)
<日米密約>自民、歴代政権を擁護 麻生氏「承知してない」(毎日新聞)
「論文盗用の助教」監修アニメに科学館困った(読売新聞)
当直1人、火の手になすすべなし…7人死亡火災(読売新聞)
<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)

日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す(時事通信)

 日本政府内で、2004年11月を最後に中断している韓国との経済連携協定(EPA)交渉の再開を模索する機運が出てきた。「鳩山由紀夫首相の関心が高い」(政府筋)ことが背景で、4月に予想される李明博大統領の来日をにらみ、こう着局面の打開を目指す。その一環として赤松広隆農林水産相が21日からソウルを訪問し、農水産品の市場開放で意見交換するとみられる。
 現政権では、各国とのEPAや世界貿易機関(WTO)の新多角化貿易交渉(ドーハ・ラウンド)について、外務、経済産業ら4閣僚による委員会で協議している。赤松農水相の訪韓などを踏まえ、首相官邸主導で日韓EPAの対応方針の策定も検討する見通し。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口
トキ襲撃の記述を=生物多様性国家戦略に
米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定

交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)
<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)
<将棋>三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
安倍元首相「核密約の申し渡しはなかった」(産経新聞)
高速道路料金の上限制、参院選後に先送り(読売新聞)

山内議員元秘書11日にも再逮捕、別の詐欺容疑(読売新聞)

 みんなの党の山内康一衆院議員(比例北関東ブロック)の支援者から、2008年4月に3000万円をだまし取ったとして、東京地検は10日、山内議員の元政策秘書神武幸容疑者(48)を詐欺罪で東京地裁に起訴した。

 神容疑者はこの2か月前にも、別の知人から事務所の運転資金名目で4000万円をだまし取った疑いが強まり、警視庁は11日にも詐欺容疑で再逮捕する方針。

 同庁幹部によると、神容疑者は08年2月、神奈川県内の男性(70)に「金を貸してほしい。6月には3億円入るので返済できる」などとうそを言い、現金計4000万円をだまし取った疑いが持たれている。

<日米密約>無利子預金問題は10日以降発表…財務相(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 夢は世界最高空間(産経新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)
野口聡一さんがおもしろ実験 「宇宙でも物理法則にのっとった」(産経新聞)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)

与党3党 「政治とカネ」協議機関設置を野党に呼びかけへ(毎日新聞)

 民主、社民、国民新党の与党3党は4日、国会内で幹事長会談を開き、企業・団体献金など「政治とカネ」をめぐる与野党協議機関の設置を野党側に呼びかけることで一致した。自民党は慎重だが、公明党は設置を提案しており、野党側を分断する狙いもある。

 民主党の小沢一郎幹事長が「鳩山由紀夫首相の指示があった」と述べて提案した。北海道教職員組合の違法献金事件など「政治とカネ」で批判が高まるなかで、取り組みをアピールする。ただし、企業・団体献金の禁止には国民新党に慎重な意見があることも踏まえ、国会への提出時期や内容など細部は先送りし、まず設置を呼びかける。また会談では、国会議員の報酬に日割り制の導入を目指すことでも一致した。【須藤孝】

【関連ニュース】
普天間移設:基地問題検討委の開催延期申し入れ 与党3党
在日米軍再編:普天間移設 検討委巡り、迷走 候補案提示「連立揺るがす」
小沢氏団体不透明会計:社民苦悩 弱まる「連立カード」、強まる「小沢氏頼み」
民主党:田村氏入党へ 参院でも過半数 社民との連立に影響
在日米軍再編:普天間移設 候補提示を先送りに−−与党3党

相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件(読売新聞)
ユーチューブにバイク暴走映像=知人投稿、運転の男を逮捕−和歌山県警(時事通信)
小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」?(J-CASTニュース)
鳥取不審死の元ホステス、2件目強殺容疑で逮捕状(読売新聞)
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。